風俗の王様ソープ

男性なら一度は足を運んでみたい風俗がソープではないでしょうか。
ソープは風俗の王様とも呼ばれていますし、デリヘルやイメクラなど他ジャンルの風俗と比べてワンランク上のサービスを受けることができます。

1980年代からソープと呼ばれるようになりましたが、それまではトルコ風呂と呼ばれていました。
女性と一緒に入浴ができ、今では珍しいマットプレイを楽しむことができるのもソープの魅力と言えるでしょう。
近年における風俗業界ではもっぱら派遣型の店舗ばかりが目立つようになり、店舗型のソープランドは少なくなっていますが、それでも根強いファンが存在するため全国各地に店舗があります。

ソープは主にソープ街と呼ばれるエリアに店舗が集積している傾向にあります。
東北地域だとこのエリア最大の歓楽街と評される国分町にたくさんのソープがありますし、東京だと吉原がもっとも代表的でしょう。
吉原は歴史あるソープ街ですし、現在でも日本各地から足を運ぶ方がいるくらいです。
このエリアには高級店が多いのも特徴と言えるでしょう。
他にも岐阜の金津園も全国的に有名なソープ街となっています。

これからソープに行ってみたい、と考えている男性もいると思いますが、ソープを心から楽しむには特徴や魅力について知っておいたほうが良いでしょう。
ここではソープのさまざまな情報をご提供しますから、今後ソープランドで楽しい夜を過ごしてみたいという方はぜひ参考にしてください。